House Masters: Masters At Work – Interview

Kennyと僕は7歳差で、僕が音楽活動を始めた頃が80年代始め、 Kennyは80年代半ばだった。 Kennyが音楽を作っていた頃、彼は僕より少し若かったんだけど、 僕は当時ニューヨークを賑わす、ヒスパニック、黒人のクラウドたちの中ではとても人気のDJだった。 僕は当時ニューヨークを賑わす、ヒスパニック、黒人のクラウドたちの中ではとても人気のDJだった。 僕は多くの大型クラブでプレイしていたんだけど、僕たちの出会い方はまさにパーフェクトだった。 なぜならTodd Terryが僕らの共通の友人で、彼は僕にプレイしてもらうために自分の曲をクラブに持ってきていたんだ。 そして同じ頃Kennyはレコードを作っていて、僕は彼のレコードを幾つかプレイし始めていた。 そのうちの1つの曲が、僕たちを繋げてくれた。僕らの関係を築きあげてくれたんだ。 クレイジーなことだよ、ある日ToddがLouieが君のレコードのリミックスを作りたいと言っているんだ。“と話してきた。 その当時彼はとてもビッグな存在で、ニューヨークで大活躍している DJだったんだ。 僕はそのリミックスの依頼を引き受けたよ、二枚しかレコードを持っていなかったしね。それを彼に渡した。 そして僕らは話し合いながら制作を始めていったんだけど、 そうした僕らの出会いがきっかけとなり、Masters At Workとしてのプロダクション活動が始まったんだ。 僕らはそこから出発して、結局Louieがそのリミックスをすることはなかったんだけど、 僕らはそこから出発して、結局Louieがそのリミックスをすることはなかったんだけど、 僕らは集まって音楽について話したり、お互いの音楽をシェアしたりして、 そして“よし何か一緒に作ろうぜ”と言って、僕らの活動は始まったんだ。 その頃僕はAtlantic Recordsでアルバム制作をしていて、 僕はKennyに…